スポンサーリンク

昨日のノートの紹介でも言っていましたが、

私はA6サイズのノートを「なんでもノート」として

家にいる時も、外出中も

メモや思いついたことを書いています。

 

 

大きさがちょうどいい

A6ノート使い方

今までいろいろなノートを使ってきました。

(上の写真は一部です。)

 

他のサイズのノートを使っていたこともありますが、

現在は外出時に携帯しやすいA6サイズのノートに落ち着いています。

 

さらに最近はノート自体の重さが軽いので

ページ数の少ない薄いノートにハマっています。

ノートの引き継ぎ

A6ノート使い方

白いノート(右)を使い終わったので、

新しいノートの準備をします。

 

A6ノート使い方

こちらのノートは100円均一で3冊パックで販売されていたものですが、

どこのお店で販売されていたか思い出せません・・。^^;

最近、ダイソーやセリアへ行ったのですがどちらのお店にも販売されていませんでした。

ノートの表紙

A6ノート使い方

ノートの表紙に A6 B-line / 32sheets / 105×148mm と書かれているので、

このノートはB罫線32枚のノートだということがわかります。

最初のページはインデックスとして空けておく

A6ノート使い方ノートページ

まず表紙を開いて最初のページは

使用期間の日付を書いたり、インデックスとして使用するつもりなので

何も書かず、次のページから時系列に書くようにしています。

 

B罫線は行の間隔が細めなのでペンも細めのものが書きやすそうです。

最後のページにふせんを貼る

A6ノート使い方ふせん

 

そして次に最後のページにふせんを貼っておきます。

大事な情報や次のノートに引き継ぎたい情報をこのふせんに書けば、

ノートが変わっても張り替えるだけで情報の移行ができて便利です。




一番最後にマスキングテープ

A6ノート使い方マスキングテープ

一番後ろのページには

透明フィルムふせんにマスキングテープを貼って

マスキングテープをすぐに使える状態にしています。

チケットなどをノートに貼りたい時に便利です。

 

透明フィルムふせんはダイソーのSticky Tracing Film という商品を使っています。

 

A6ノート使い方透明フィルムふせん

マスキングテープを剥がしやすく、

程よい大きさでA6ノート内に収まってくれるので重宝しています。

 

A6ノート使い方透明フィルムふせん

台紙を折りたたんでコンパクトにできます。

透明フィルムふせんの下に目印用のふせん

A6ノート使い方目印ふせん

マスキングテープを貼った透明フィルムふせんの下に

ふせんを貼っています。

目印をつけたいページに付けます。

 

しおりひもをつける

 

A6ノート使い方しおりひも

書きたい時にすぐ最新のページが開けるようにしおりひもをつけます。

このしおりひもは以前使ったノートについていたものです。

少し太めのしおりだからか繰り返し使っていても

ひもの先がほどけにくくていいです。

ノートカバーをつけるのでしおりはセロハンテープでガッチリ張り付けています。^^;

ノートカバーをつける

A6ノート使い方ノートカバー

ペンホルダー付きのノートカバーをつけます。

このカバーは以前使っていた手帳のカバーです。

ラメがキラキラしたキレイなカバーで気に入っています。


レイメイ 19 10月始 月間ブロック シャイニーラメダイアリー A6 ブルー

後ろには薄いマンスリー手帳を差し込んでいます。

A6ノート使い方100円均一マンスリー手帳

こちらは100円均一で購入した手帳です。

透明なカバーがついていましたが、カバーを取って差し込んでいます。

薄いのでノートと一緒にカバーに入れても分厚くならず、

ノートにメモする時、書きにくいということがありません。

 

ペンはスタイルフィットの3色ホルダーがペンホルダーにぴったり収まります。

 

 

これでノートの引継ぎが完了しました。

タスク管理はふせんでしているので、

このノートには考えたことや情報のみが時系列で書かれていきます。

そうすることで後のデータ管理がしやすいです。

 

 

また新たな気持ちでノートを使っていこうと思います。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

人気ブログランキングに参加しています。
ポチッとクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキング

 

スポンサーリンク